hirihiri1962のブログ

好きな映画や俳優についていろいろ語ります。

『めぐりあう時間たち』メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア

皆さんいかがお過ごしですか?

ご無沙汰しております。久しぶりの更新です。


今回紹介するのはこの作品です。



『めぐりあう時間たち』(2002) アメリカ

原作 マイケル・カニンガム
監督 スティーブン・ダルトリー




☆舞台は3つの時代 ①1923年②1951年③2001年


☆主人公は3人の女

ヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)

1923年イギリス・リッチモンド


ローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)
1951年ロス


クラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)
2001年ニューヨーク


彼女たちは、それぞれ心に大きな問題を抱えながら、
深く思い悩んでいます。
自分自身と向き合い、苦しみもがきながら
日々を送っていました。



時は1941年のイギリス・サセックス
夫宛てに長い感謝の手紙をしたためている

女性が登場します。


彼女の名はヴァージニア・ウルフ。
イギリスの著名な作家です。
震える手でそれを書き終えた彼女は、

意を決して川へ入水します。


そこから1951年のロサンゼルスへと舞台が移ります。


それぞれ絶対に交わらないはずの時間たちが、
運命に導かれるように交差しながら、
繋がっていく物語です。
(SFではありません)


この作品でニコール・キッドマンはつけ鼻をして、
顔を変えて挑みました。




この続きはアメブロでお待ちしています(*^^*)
今夜はブギーナイト  jully



アカデミー賞の話しから、映画紹介まで♪

いらっしゃいませ♪


まずは、前置きとしてこの話題から紹介します。
前記事で『帝一の國』を紹介したところでしたが、


『あゝ荒野』で菅田将暉さんが日本アカデミー賞、
最優秀主演男優賞に輝きました。

監督 岸善幸


簡単な説明


1966年に寺山修司氏が発表した、
唯一の長編小説を脚色し映画化したものです。
(東京オリンピック終了後2021年の東京が舞台)

少年院を出所した沢村新次(菅田将暉)は、

口より先に手が出てしまうような短気な青年です。

対して、バリカンこと二木建二(ヤン・イクチョン)

は幼少の頃から、吃音と赤面症のために、
思うように話す事が出来ず、内向的な日々を送ってました。



一見、対照的なようであり…

実は内面に流れるものが共通している二人の男が、
職場(理容店)で出会い、しだいに意気投合します。


ある日の事、二人はジムのトレーナーから誘いを受け、
ボクシングの世界に足を踏み入れます。


しかし…それは、同じ階級として戦わねばならない二人の、
過酷な宿命の第一歩だったのです。



ボクシングと、友情・・・・・
北野武監督の『キッズ・リターン』(1996)とは
また違った味わいのある感動作です。


一部と2部に分かれており、かなりの時間を要します。
見ごたえがありますよ。
気になる方はお時間のあるときにいかがですか。




☆本題は
ドライビングMissディジー(1989)アメリカ
のレビューです。
名作は何度観ても色褪せません。


監督 ブルース・ベレスフォード
そして、
先日執り行われた第90回アカデミー受賞式に

ついていろいろ語ります。(´▽`)


この続きは、アメブロでご覧くださいませ。
今夜はブギーナイト jully




観たらとても面白かった『帝一の國』

いらっしゃいませ。
昨夜の雨風は激しかったですよね。

皆さんのお住いの地域は大丈夫でしたか?


天候の変化がみられるのも、
少しずつ春の訪れが近づいているからでしょうか。


皆さん、なお一層お体ご自愛くださいね。
では早速本題へ♪



帝一の國(2017)日本

大元は、古屋兎丸氏原作の漫画です。
『ジャンプSQ.19』にて、2010年の創刊号から
2011年の秋号まで連載され。


その後『ジャンプ・スクエア』に掲載を移します。
2012年の3月号から2016年の5月号まで連載が続き。

2017年の5月号に完結編となる番外編が掲載されました。
この番外編は映画版の小説に収録されているそうです。


超簡単なあらすじ


舞台は昭和(いつ頃かという詳細は不明)。
日本全国から集まった優秀な頭脳を持つ
800人の先鋭たちが集う


名門『海帝高校』で、未来の生徒会長になるために、
若者たちが、全身全霊をかけて、しのぎを削り合い
己と闘う姿を描いた物語です。

詳しいレビューと情報はアメブロにて☆彡
お待ちしています♪


今夜はブギ―ナイト
jilly



映画のトリビア・ウラ話『シャイニング』『レオン』その他

いらっしやいませ♪久しぶりの更新です。


皆さんいかがお過ごしですか?



今回は映画のトリビアや裏話などを


時には脱線しながら、様々なエピソードを交えて、


お喋りしたいと思います。





シャイニング

ランボー


ロッキー4/炎の友情

レオン

フィフス・エレメント

これらの映画のトリビアを紹介します。


アメブロでお待ちしています。

今夜はブギ―ナイト  jully



映画『キングスマン・ザ・シークレット・サービス』とホットカーペットの話し

いらっしゃいませ♪
皆さんいかがお過ごしですか(´▽`)


今回紹介する映画は、
キングスマン・ザ・シークレット・サービス
(2014)イギリス

監督  マシュー・ヴォーン



主な登場人物
ハリー・ハート(コリン・ファース)

世界を股にかけて活躍するベテランスパイです。



ゲリー・エグジー(タロン・エガートン)

海兵隊を辞め、職にもつかず自堕落な日々を送る
エグジーでしたが。
ハリーの指名で、キングスマン候補生に
スカウトされたことで彼の運命は大きく変わります。



元々の原作はアメコミです。

キングスマンとしてスパイになるための
研修期間があるんですがとてもよくできています。


マイケル・ケイン、サミュエルエル・L・ジャクソン
マーク・ストロングという超豪華な顔ぶれです。


パグのJBも出演します。
いい味出してくれてますよ~


キングスマンの本拠地。(母体)
は、なんと高級紳士服店です。



今回は、映画をあと一つと、最近の出来事など書いてます。
皆さん♪アメブロでお待ちしています。(^_^)/
今夜はブギーナイト jully